mask_image.jpg

新型インフル新規患者・100万人突破

国立感染症研究所は30日、全国で新型インフルエンザに感染した人が100万人を突破したことを発表しました。

そして本日また、熊本県で20代男性が、新型インフルエンザで死亡しました。

皆さんがあまりにものん気なので、こっちの方が心配になってしまいます。


新型インフルエンザって、間違いなく凄く怖いんですよ!

国はパニックになるのを恐れて発表していないだけなんです。

わかるでしょ?
こんなに死亡者が出ているのに、報道を極力避けていることを。

だから騙されないでください。


今は弱毒性と強毒性が交じり合っているような状態だと思ってください。

強毒性に変化したら、日本国民の二人に一人は感染しちゃいます。
しかも発病したら3日で死にます!

今日亡くなった20代の男性も咳があり、27日に医療機関を受診。タミフルを処方され、29日の夕方には亡くなっています。

だからあまり気楽に考えないでください。
これから2月頃までは、出来ることなら旅行などは避けた方がいいかと思います。

だって、もし電車の中で誰か一人が「ゴホン」とやったら、乗客全員が感染しちゃいます。

どうしても人ごみの中に出かけなければいけない時は、ちゃんとしたマスクをつけてください。
その辺のドラックストアーで売っているようなマスクではウィルスは通り抜けちゃいますよ。


 ウィルスに対抗できるマスクは唯一
「FFP2ウィルス対策マスク」だけです。
▲『新型インフルエンザ対策マスクはこちらから』▲
厚労省も、この商品にだけは”ウィルス対策”の文字をつけることを許可しました。

他のマスクでは残念ながらウィルスを防ぐことは出来ません。。。


だけど−ゴメンなさい。

 もうこのマスク、手に入りません。

くすりのメディコでだけ、100個確保しています。

でもこれでおしまいです。

くれぐれも言っておきますが、申し訳ありませんが、「FFP2ウィルス対策マスク」はこれで本当に終わりです。

私たちの分も含めて100個です。

もっとちょうだいと言われてもありません。後になっていわれてもありません。手に入りませんからあきらめてください。。。


 

中国政府のインフルエンザ対策

【新華社北京5月7日=劉奕湛】 国家中医薬管理局は、「インフルエンザA(H1N1)漢方医薬予防方案」を発布し、インフルエンザ予防中医薬処方を発表した。

これには生活面の予防、飲食面の予防、医薬面の予防の三つがあり、さまざまな人たちについて、それぞれ詳しく、かつ簡単で実行しやすい漢方処方を提示している。

 それによると、生活、飲食面の予防では、着ている衣服を適時に増やしたり、減らしたりして、寒暖に対応する。飲食は適時、適量、適温を守り、刺激物は減らす。仕事と休息については規則性を持たせ、よく動き、早く寝る。心のバランスを保つ。インフルエンザに対する恐怖心は気の機能を乱れさせ、かぜをひきやすくなる。このほか飲食はあっさりしたものにし、脂肪の多い、味の濃いものを少なくし、簡単でおいしい薬膳にすると、インフルエンザ予防に役立つ。

処方1 虚弱体質でかぜにかかりやすい人
    太子参10グラム、蘇葉6グラム、黄キン(キン=草かんむり+今)10グラム、牛蒡子10グラム、

処方2 顔が赤く、口や鼻が乾燥する人
    大青葉5グラム、紫草5グラム、生甘草5グラム

処方3 顔色が悪く、腹部にいつも膨張感のある人
    蘇葉10グラム、佩蘭10グラム、陳皮10グラム、

処方4 のぼせやすく、息がすっぱい臭いのする子供
    カク香6グラム、蘇葉(カク=草かんむり+霍)6グラム、銀花10グラム、生山サ(サ=木へん+査)10グラムをそれぞれ清水で煎じて毎日1服、服用する。

注意事項:服用期間、老人は医師の指導に従い、量を適切に調整す る。慢性疾患のある人や妊婦は慎重に服用する。インフルエンザ予防の漢方薬の長期服用は適しておらず、一般に3―5日とする。服用期間または服用後、気分が悪くなった場合、直ちに服用をやめ、直ぐに医師に相談する。これらの漢方薬に過敏な人は使用してはならない。過敏な体質の人も慎重に服用する。いわゆる秘法や偏った処方を信じてはならない。

ただし、上記は中国人向けの量であるため、日本人の体質に対しては強すぎる懸念があるため、漢方医、薬剤師の指示で服用すること。

    
   

インフルエンザの見分けは?

Q:通常のインフルエンザと見分けることは可能ですか?

A:症状は類似しており見分けることは困難ですが、流行地への渡航暦・感染したブタとの濃厚接触・感染者との接触暦等が参考になります。

 症状等から新型インフルエンザに感染していると疑われる場合は、PCR(遺伝子検査)等を行うことにより、確定診断をすることが出来ます。


                     
                   厚生労働省ホムページより

国内感染者 410名
ロサンゼルスで新たに2名新型インフルエンザにより死亡

妊婦が新型インフルエンザに感染した場合

妊婦さんに関する質問です。

Q:妊婦が新型インフルエンザに感染した場合、重症化しやすいのでしょうか?
A:季節性インフルエンザに関しては、心肺機能悪化(肺炎など)のために入院を必要とする率が高くなることが報告されています。

肺炎などの二次感染を合併し重症化すると、胎児機能不全を引き起こすことがあります。

新型インフルエンザに関してはまだ、データが不十分ですが、季節性インフルエンザと同様であると推定されています。

                  厚生労働省ホームページより

インフルエンザ終息

大阪、神戸の新型インフルエンザは終息に向かっているようす。

しかし、終息後にパンデミックになる恐れもあると、専門家はみています。

油断せずに自己防衛に備えてください。

私たち医療従事者は、常に多くの感染症患者さまと接触しています。

ですから、うがい手洗いはしょっちゅうまめに行っているし、マスクも付けます。

エレベーターのボタンや水道の蛇口も手では触りません。

こういうことを意識せずに自然にできるようにしましょう。

そして新型インフルエンザに気負けしないよう、自分の体力も付けましょう。

一番いいことは、インフルエンザにかかっても自力で治せる状態です。

今の段階であれば病院でも診てもらえますが、パンデミックになったらどうなるのでしょう?

今日ドライブスルーで診察する発熱外来の訓練をしているところを見ました。

きっとそういう状態になるのでしょうね。

インフルエンザウィルスは一年でどんどん変化します。

一昨年はタミフルが有効なインフルエンザでした。しかし、昨年は全く効かないものに。そして、今年はタミフルは効くが、感染力が強い形に。

ところがタミフルは20歳以下の人には副作用があるので原則使えない。

こうやって、インフルエンザウィルスはどんどん形を変えて進化していきます。

ですから薬で対応しようとしてもいたちごっこです。

インフルエンザを跳ね返す体を作らなければなりません。

インフルエンザに勝つということは、封じ込めることではなく、共存することです。

消毒薬も無い

いったいどうなっているのでしょう?

医療機関にマスクや消毒薬が入ってこないとは。

企業優先にマスクや消毒薬が出てしまうということは、政治が絡んでいるとしか思えません。それも、マスクも病院に入らないのに、大手ドラッグストアーには流通している。

おかしいですよね!

メディコのマスクは高いけれどもコストパフォーマンスはいいですよ。
一枚で30回使えますから。

消毒薬は残念ながら売り切れです。

手に入らない人に作り方を教えますね。

消毒用エタノール  500ml
グリセリン     100ml

を買ってきてください。これならまだ薬局で売っています。

これを1Lの容器に合わせてよく振って、あとは、100円ショップでスプレーのボトルを買ってきて、使用してください。

小さいボトルに入れて、持ち歩いてもいいです。

公衆トイレなどで蛇口を触りたくないときは、これで手を消毒します。

エレベーターのボタンに触ったときも、これで手を消毒します。

作るのは簡単ですので、ウェルパスなど売っていないときは、自分で作って用意しましょう。



インルエンザの潜伏期間

新型インフルエンザの潜伏期間は

1〜4日、最大7日程度(CDC、WHO)

潜伏期間というのは、感染してから発症するまでの期間のことを言います。

患者の他人への感染能力は発症の前日から始まり、発症日から7日後、または無症状になるまで続きます。

熱が出る前から感染能力があるので、空港などでどんなに検疫しても、スルーしてしまうのですよね。

東京都内でも感染者が出てしまいました。

発熱している方は、早めに発熱外来に行きましょう。

発熱時はポカリスエットなどより、赤ちゃんが飲む「OS1経口補水液」ミネラルバランスが取れているので、いいですよ。一本150円程度です。



田舎にもない

もう、関西、関東ではマスクが手に入らないので、田舎に行けばマスクがあるのでは?と皆さん思うみたいですね。

田舎の親戚に頼って、100枚200枚との問い合わせが来ます。

全国的に生産が追いつかないのです。
メーカに物がないのです。

今は注文しても2ヶ月待ちです。

くすりのメディコの在庫もあと20セットとなりました

一枚で30回使えるものなので、一枚当たりは525円と高いですが、30枚で525円と考えると安いですよね。

お仕事で使われる方は、物がないと特に大変ですね。

これからは感染しない体力作りを考えて行きましょうね。

弱毒?

今回の新型インフルエンザは、弱毒ですが、この、高温多湿にもかかわらず、ガンガン感染し続けているので、かなり強い感染力だと思います。

これが渡り鳥がやってくる9月ごろに、鳥インフルエンザと合体して新たに新種のものが出来たら、強毒で感染力の強いものになるのではと懸念しています。

ワクチンに頼っていてはいたちごっこなんですよね、やはり自分の体力をつけておくことが、一番ウィルスから逃れやすい方法だと思います。

私たちスタッフは、毎日一錠、抗菌作用があって免疫力がつくものを自己防衛のために飲んでいます。

今日は大阪、神戸の方からマスクの注文が入りました。

もう関西では手に入らないとの事。

くすりのメディコでも新しく入荷する見込みがないので、在庫でおしまいです。
普通のマスクはもう完売で、インフルエンザ対応のものが若干の残っているだけです。

妊婦とインフルエンザ

現在妊娠している方は、新型インフルエンザにかかったらどうしようと、不安でいっぱいだと思います。

でも、妊娠初期でなければ、とくに影響は無いようです。

タミフルでの治療を受けても、胎児に影響は無いようですので、早めに専門医にかかることが重要ですね。

ただし、糖尿病とか腎臓病とか基礎疾患をお持ちの方は、抵抗力が弱くなっているので、気をつけてくださいね。

薬のメディコではインフルエンザが心配な妊婦さんには、免疫力をつけるものと、抗菌作用のあるサプリメントを飲んでいただいています。

インフルエンザショック

今日もまた、新型インフルエンザの感染者が増えています。

その上、予想されていたとおり、社会的機能に影響が出始めていますね。

東京にも感染している人が、いるんじゃないかと思います。まだ、調べていないだけで。

人ごみに行かなくてもいいように、食料の確保はしておいた方がいいですね。

あと、お金も少し下ろしておいたほうが。銀行が閉まってしまうということも、起こりかねませんから。

くすりのメディコのマスクも数に限りがありますので、お早めにご準備ください。  ↓↓↓

国内感染広がる

新型インフルエンザが爆発的に広がっていますね。

国内感染者が一日で56人になってしまいました。

明日には200人になるのでしょうか?

とにかく、人ごみに行かないこと。

手洗いうがいを徹底すること。

情報を確認すること。

状況を真剣に受け止めること。

明日からまた仕事です。

少し甘いものを避けて、体を冷やさないようにしましょうね。

新型インフルエンザ国内感染

つい国内感染が確認されました。

それも8人も

さらに高校生100人に感染の疑い。

これから倍々と感染者は増えていきます。

マスク、消毒、生活必需品

もう準備はできていますか?

くすりのメディコでは

FSC-F-99Eの捕集率が99%マスクとゴーグルを用意しております。

それも「新型インフルエンザ完全対策マニュアル」付です。
準備するもの、消毒薬、対策法などが書かれています。

あなたの街にも確実に新型インフルエンザはやってきます。

パニックになる必要はありませんが、無防備のまま感染しないよう
気をつけましょう。

ご注文は ↓ ↓ ↓



FSC・F-99E 新型インフルエンザ用マスク

新型インフルエンザがフェーズ5になり、にわかにマスクが品薄です。
ナノブロックマスクは完売です!

実はメディコではWHO推奨、EU基準(FFP2規格)99.7%ウィルスカットマスクを備蓄していました。

でもそんなにはありません。


マスク10枚 このマスクは使い捨て
ではなく、12時間以下使用した後、風通しのいいところで2日陰干し
すれば、また使えます。


F-99Eマスク10枚 + ゴーグル 1個
セットで  ¥8400

です。

数がないからといって、値上げはしません。

必要な方は↓ ↓ ↓

の「インフルエンザ対策マスクはこちらからから」からご注文ください。

インフルエンザとは

インフルエンザウィルスに感染することによっておこる病気です。

通常インフルエンザウィルスは人から人、鳥から鳥といった同種間で感染するものですが、昨今、性質が変異することによって、鳥から人へ、人から人へ感染するようになってきています。

この変異したインフルエンザウィルスのことを「新型インフルエンザウィルス」といい、そのウィルスによってひき起こるインフルエンザを「新型インフルエンザ」といいます。

過去の新型インフルエンザ

いままでにも新型インフルエンザはありました。
10年から40年で流行するといわれていますが、予測することはできません。

1918年 スペインかぜ (世界で4000万人 日本で39万人死亡)

1957年 アジアかぜ

1968年 香港かぜ

1977年 ソ連かぜ

 

かぜとインフルエンザの見分け方

インフルエンザと普通の風邪とは原因となるウィルスの種類が違います。
通常の風邪は、のどや鼻に症状が現れるのに対して、インフルエンザは急な高熱が特徴です。
さらに体がだるく、筋肉痛、関節痛など激しい症状が5日間ほど続きます。
特に65才以上の高齢者がかかると、重症になる可能性が高く、死亡につながりますので、十分な注意が必要です。

下記にインフルエンザと”かぜ”の違いを示しますので、インフルエンザかなと思ったら、早めに医師の診断を受けることをお勧めします。
































症状インフルエンザかぜ
初発症状発熱、頭痛、悪寒鼻、のどの乾燥感およびくしゃみ
主な症状発熱、筋痛、関節痛鼻水、鼻づまり
悪寒高度通常強くない
熱および熱型(期間)38〜40度(3〜4日間)38度前後程度
全身痛高度(全身痛、筋肉痛、関節痛)軽い
倦怠感高度軽い
鼻汁、鼻閉後半に著しい初期より著しい
のど充血および、扁桃腺が腫れるやや充血
合併症気管支炎、インフルエンザ肺炎、細菌性肺炎、脳症細菌の二次感染

間違いだらけの治療法

むかっ(怒り)誤り!!
病院でもらった抗生剤が残っていたので飲ませた。

誤りです。抗生物質は細菌に効果のある薬です。ウィルスには効きません。

ひらめき注意!!
市販の風邪薬を飲ませた。

誤りです。市販の風邪薬は熱、咳、鼻水などの症状を抑える薬です。インフルエンザに直接効くものではありません。

また、インフルエンザの子供にアスピリン入りの解熱剤(ジクロフェナクナトリウ ム、メフェナム酸)や風邪薬を飲ませると、急性脳症を引き起こす危険性があるので、解熱剤の使い方は医師、薬剤師に相談してください。

インフルエンザの治療法

インフルエンザにはA型、B型、C型とありますが、感染力が強いのはA型とB型です。

このA型、B型に有効な治療薬は下記のものです。

A型  タミフル, リレンザ, シンメトレル

B型  タミフル, リレンザ

インフルエンザウィルスは一つのウィルスが24時間で100万個に増殖します。

症状が出てから48時間以内に治療を開始すれば、症状を軽く抑えることが出来ます。

これらの薬は一般の薬局や薬店では買えませんので、インフルエンザかなと思ったら、早めに病院へ行きましょう。


インフルエンザ脳症の症状

突然高熱がでて、1〜2日以内にうとうととした眠りから意識障害となり、多くの場合痙攣をともないます。

短期間で死亡する場合もあります。

脳症を発生するお子さんはほとんどの場合ワクチンを接種していないという報告があります。

高熱が出た場合はアスピリンの解熱剤やかぜ薬を飲ませる前に医師の診断を受けましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。