mask_image.jpg

インフルエンザ終息

大阪、神戸の新型インフルエンザは終息に向かっているようす。

しかし、終息後にパンデミックになる恐れもあると、専門家はみています。

油断せずに自己防衛に備えてください。

私たち医療従事者は、常に多くの感染症患者さまと接触しています。

ですから、うがい手洗いはしょっちゅうまめに行っているし、マスクも付けます。

エレベーターのボタンや水道の蛇口も手では触りません。

こういうことを意識せずに自然にできるようにしましょう。

そして新型インフルエンザに気負けしないよう、自分の体力も付けましょう。

一番いいことは、インフルエンザにかかっても自力で治せる状態です。

今の段階であれば病院でも診てもらえますが、パンデミックになったらどうなるのでしょう?

今日ドライブスルーで診察する発熱外来の訓練をしているところを見ました。

きっとそういう状態になるのでしょうね。

インフルエンザウィルスは一年でどんどん変化します。

一昨年はタミフルが有効なインフルエンザでした。しかし、昨年は全く効かないものに。そして、今年はタミフルは効くが、感染力が強い形に。

ところがタミフルは20歳以下の人には副作用があるので原則使えない。

こうやって、インフルエンザウィルスはどんどん形を変えて進化していきます。

ですから薬で対応しようとしてもいたちごっこです。

インフルエンザを跳ね返す体を作らなければなりません。

インフルエンザに勝つということは、封じ込めることではなく、共存することです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。