mask_image.jpg

かぜとインフルエンザの見分け方

インフルエンザと普通の風邪とは原因となるウィルスの種類が違います。
通常の風邪は、のどや鼻に症状が現れるのに対して、インフルエンザは急な高熱が特徴です。
さらに体がだるく、筋肉痛、関節痛など激しい症状が5日間ほど続きます。
特に65才以上の高齢者がかかると、重症になる可能性が高く、死亡につながりますので、十分な注意が必要です。

下記にインフルエンザと”かぜ”の違いを示しますので、インフルエンザかなと思ったら、早めに医師の診断を受けることをお勧めします。
































症状インフルエンザかぜ
初発症状発熱、頭痛、悪寒鼻、のどの乾燥感およびくしゃみ
主な症状発熱、筋痛、関節痛鼻水、鼻づまり
悪寒高度通常強くない
熱および熱型(期間)38〜40度(3〜4日間)38度前後程度
全身痛高度(全身痛、筋肉痛、関節痛)軽い
倦怠感高度軽い
鼻汁、鼻閉後半に著しい初期より著しい
のど充血および、扁桃腺が腫れるやや充血
合併症気管支炎、インフルエンザ肺炎、細菌性肺炎、脳症細菌の二次感染

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。